サービスホットライン

03-6276-3612

日本語 | 中文
メンバー紹介

ホーム > 連盟について > メンバー紹介



程永順 会長  - Cheng Yongshun -

1982年、北京市高級人民法院に配属され、1985年から知的財産権裁判を専門に担当、同法院知識財産権廷副裁判長、高級裁判官等を歴任。中国で最も早くから知的財産権裁判に従事した裁判官の一人で、多くの重大案件の審理経験をもつ。
1996年から1999年まで最高人民法院知識産権廷にて業務交流を行い、工業産権グループグループ長を担当。
2005年退官。同年、北京務実知識産権発展センターを設立、現在、同センター主任。
2016年、一般社団法人日中知的財産保護戦略連盟に就任。

中国法学会知識産権法学研究会副会長、中国知識産権研究会常務理事、中華商標協会常務理事、中国科学技術法学会副秘書長、常務理事、ドメイン名争議解決中心専門家グループメンバー、中国人民大学法学院知識財産学院兼職教授、北京大学法学院修士課程兼職指導教官等多数の要職を兼任。

主著:『専利訴訟』、『中国専利訴訟』、『工業産権難点重点研究』、ほか多数。

 




曹来禧 理事長 -Cao Laixi-

1984年から1997年まで、中国国際貿易促進委員会(CCPIT)法律部および専利商標事務所に勤務。主に、商標権登録、ブランド保護、知的財産保護の法律業務に従事。100社近くの世界著名企業の数百件に上る商標、専利、著作権、商号等の知的財産権侵害および不正競争案件の行政摘発申立ておよび訴訟業務の代理経験があり、また各種ビジネス紛争処理の経験を有する。
1997年、香港ファクトファウンダーと提携し、北京ファクトファウンダーコンサルティング有限公司を設立。主に知的財産保護業務に従事。香港ファクトファウンダーと北京ファクトファウンダーは中国で最も早くからブランド保護、模倣品摘発、ビジネス調査、司法サポート等各種業務を扱った専門調査会社の一つであり、業界内に大きな影響力をもつ。
2001年、北京ファクトファウンダーコンサルティング有限公司を基礎として、北京高博隆華社会調査有限公司、北京高博隆華専利商標代理有限公司および高博隆華法律事務所を設立。中国の知的財産業界で初めて三位一体のワンストップサービスモデルを開始した。
2003年、高博隆華は中誉威聖法律サービスグループに再編され、代表取締役に就任。
2016年、一般社団法人日中知的財産保護戦略連盟/中国反侵権假冒創新戦略聯盟日本分聯盟を創設、常務副会長に就任。
2017年、一般社団法人日中知的財産保護戦略連盟/中国反侵権假冒創新戦略聯盟日本分聯盟理事長に選出。

中国仲裁法学研究会常務理事、北京市司法局司法鑑定人等を兼任。

 



専門家委員会の紹介(アルファベット順)


曹中強  -Cao Zhongqiang-


元国家商標局副局長、商標審議委員会副主任、巡視員、中華商標協会秘書長


1979年より国家工商行政管理総局商標局に所属。商標局総合処副処長、申請処副処長、審査処処長、商標局副局長、商標評審委員会副主任、巡視員、中華商標協会秘書長、「中華商標」雑誌社社長、中国知的財産権法学研究会副会長、中国料理協会政策法規指導専門家、北京市人民検察院民事行政検察専門家相談委員会委員、北京市司法局司法鑑定人、北京君策知的財産権発展センター主任を歴任。
2016年より一般社団法人日中知的財産保護戦略連盟の高級専門家顧問に就任。 


編著等:『商標出願指南』、『商標管理』、『中国商標の十年』の編纂作業に参加。『商標出願に用いる商品とサービス国際分類』第七版の中国語版の編集、『類似商品とサービス区分表』等商標に関する規則、論著の制定を担当。
 

 

 

 


 


董葆霖 -Dong Baolin-

中国工商行政管理総局高級エコノミスト、中華商標協会専門家委員会主任、「中華商標」雑誌社高級顧問

元国家工商行政管理総局総合処副処長、法律事務処処長,商標局助理巡視員。1982年以来商標法および実施条例草案の起草、論証、改正作業に参加。中国政府代表メンバーとしてWTO加盟中美知的財産権談判に参加。 
国家知的財産権戦略テーマ審議専門家、中国法学会知的財産権法研究会顧問、中国知的財産権研究会理事、北京市知的財産権研究会副会、中国特許保護委員会専門家、北京市、上海市、広東省、福建省法院関連部門知的財産権審判カウンセル、北京市人民検察院民事行政検察相談委員会委員、北京大学法学院知的財産権研究生指導教官、最高人民法院知的財産権司法保護研究センター学術委員会委員、上海知的財産権法院審判カウンセル等を歴任。 
2016
年より一般社団法人日中知的財産保護戦略連盟の高級専門家顧問に就任。 

著作: 『知的財産権法教程(商標法部分)』、『商標法律詳解、『中華人民共和国商標法解釈』等。

 

 

 


 

 

郭 禾 -Guo He-
中国人民大学知的財産権学院副院長、教授、同校学術委員会委員

中国知的財産権法学研究会副会長および秘書長、中国知的財産権研究会学術顧問委員会委員、中国国際貿易推進委会ドメイン仲裁センター専門家グループメンバー、アジアドメイン仲裁センター専門家グループメンバー、中国製品欠陥と安全管理標準化技術委員会委員、中国電機製品輸出入商会専門家委員会専門家、香港商工ブランド保護戦線名誉顧問、(香港)国際商業貿易協会名誉法律顧問等職務を兼任。 
2016
年より一般社団法人日中知的財産保護戦略連盟の高級専門家顧問に就任。 


主著:『知的財産権法選論』、『知的財産権法』、『知的財産権法案例分析』、『知的財産権法原理』、『商標法教程』、『中国集積回路レイアウトデザイン保護評論』、『半導体集積回路知的財産権の法律保護』、『著作者の権益保護は著作権の核心原則』、『情報技術の著作権に対する影響』等

 

 


 


李順徳 -Li Shunde-

中国社会科学院法学研究所研究員、教授、ドクターコース指導教官、高級エンジニア

特許法、商標法、著作権法、コンピューターソフト保護条例、著作権組織管理条例等の法律、規定の制定、改正作業に参加。多数の国家重要プロジェクトを担当し、「国家知的財産権戦略」の多数研究プロジェクトに参加。中国社会科学院法学研究所知的財産権法研究室主任、中国社会科学院知的財産権センター副主任を歴任。現在は中国知的財産権専門家相談委員会委員、中国知的財産権研究会副理事長、中国工商行政管理総局育成センター兼務教授等を兼任。
2016年より一般社団法人日中知的財産保護戦略連盟の高級専門顧問に就任。 

主著:『コンピューターソフトと集積回路の知的財産権保護』、『知的財産権法律基礎』、『知的財産権保護と管理実務』。

 

 

 


 


任 剛 -Ren Gang-

元国家工商総局商標局法律処処長,中華商標協会副秘書長,商標評審委員会副巡視員

米・フランクリン・ピアース・ロー・センターで知的財産権法学修士号を取得。1993年から2013年まで、中国工商行政管理総局商標局管理処副処長、処,法律処処長,中華商標協会副秘書長,商標評審委員会副巡視員、中国知的財産権研究会理事、北京君策知的財産権発展センター顧問を歴任。
2016年より一般社団法人日中知的財産保護戦略連盟の高級専門家顧問に就任。

 

 

 

 


 


王学政 
-Wang Xuezheng-
元中国工商行政管理局条法司司長

国務院行政審査制度改革専門家グループメンバー、中国法学会理事、中国法学会民法経済法研究会副会長、中国法学会行政法研究会理事、中国法学会WTO法研究会常務理事、福建省人民政府法律顧問、国家高中級法律普及講師団高級講師、中国人民大学国家民商法研究センター特約研究員、北京大学公法研究センター特約研究員、中国人民大学、首都経済貿易大学等の大学客員教授、中国国際経済貿易仲裁委員会仲裁員を兼任。 
2016
年より一般社団法人日中知的財産保護戦略連盟の高級専門家顧問に就任。 

著作:『工商行政法』、『知的財産権法』、『行政訴訟と実践』、『不正競争防止法解釈』、『消者権利保護法解釈』等。

 

 

 

 

 


 


許 超 
-Xu Chao-
国家版元権司副司長

北京仲裁委員会仲裁員、中国人民大学法学院、中国政法大学民商経済法学院、華東政法学院知的財産権学院、中南財経政法大学、北京大学法学院兼職教授及び法務修士研究生兼職指導教官、最高人民法院知的財産権司法保護研究センター学術委員会委員、上海知的財産権法院特約知的財産権専門家、北京市、上海市、福建省、江蘇省高人民法院知的財産権カウンセルを兼任。 
2016
より一般社団法人日中知的財産保護戦略連盟の高級専門家顧問に就任。 


1983年より国家著作権局にて勤務、中国『著作権法』、『著作権法実施条例』、『コンピューターソフト保護条例』、『国際著作権条約の実施規定』、『著作権組織管理条例』、『情報ネットワーク伝播権保護条例』、『ラジオテレビ録音製品放送報酬支払臨時施行規定』の立案改正作業に参加。