サービスホットライン

03-6276-3612

日本語 | 中文

連盟情報

Alliance Information

連盟情報

ホーム > 連盟情報

IPPSA理事長が「2017中国模倣品対策経験交流アモイ行・知的財産保護、模倣品摘発業務成果展」に参加
来源:IPPSA 发布日期:2017-11-26
1124日、全国双打弁公室および福建省双打弁公室の指導の下、アモイ市双打弁公室とCAASAがアモイにて「2017中国模倣品対策経験交流アモイ行・知的財産保護、模倣品摘発業務成果展」を共同開催しました。全国双打弁公室およびその構成単位、福建省双打弁公室の構成単位、アモイ市双打弁公室およびその構成単位、企業代表、学者等200名余りが今回の活動に参加しました。

全国双打弁公室、海関総署、福建省双打弁公室、アモイ市双打弁公室、アモイ市公安局、アモイ市市場監督管理局等関係政府機関が各職責における模倣品摘発業務の新たな情勢、特徴や関係政策について分析を行いました。また、武漢大学寧立志教授が海外における中国商標の第三者登録の問題および対応策について、報告を行い、江公証局、アリババ、美亜柏科が企業の知的財産保護の経験について報告を行いました。

今回の活動は、まさに中国模倣品対策のソーシャルガバナンス領域における年度総会であり、また福建省およびアモイ市政府機関、著名企業が知的財産保護、模倣品摘発業務の成果を発表する重要なプラットホームの作用を果たし、参加者から高い評価を得ました。