サービスホットライン

03-6276-3612

日本語 | 中文

連盟情報

Alliance Information

連盟情報

ホーム > 連盟情報

『2017中国模倣品白書』出版発表会を北京にて開催
来源:IPPSA 发布日期:2017-08-19
2017818日、全国双打弁公室、海関総署、国家質検総局執法督査司、国家新聞出版広電総局版権管理司、最高人民法院知識産権廷等関係部門の責任者、アメリカ、フランス、韓国等外国大使館、CBBCJETRO等国際組織、関連業界団体、研究機関、著名ECプラットホーム、ブランド企業等300名近くの代表が今回の発表会に参加しました。     

全国双打弁公室副主任柴海涛の挨拶

全国双打弁公室副主任柴海涛が挨拶を行い、『白書』執行総編集長、アモイ知識産権研究院院長林秀芹が『白書』編集作業の紹介を行いました。全国双打工作リーダーグループメンバー単位、業界団体、企業代表がそれぞれ、昨年度の模倣品対策業務の回顧、総括、将来の展望について発言を行いました。
 
優秀原稿賞受賞授与式

出版発表会の最終部分にて、「版権ブロックチェーン聯盟」発表式が行われました。ブロックチェーンとは改竄不能の性質を有する分散型台帳です。ブロックチェーンの版権分野における応用は、原作者に対し、秒速の証拠保全による証拠強化をサポートし、権利侵害者に対し、侵害行為の隠滅をできなくさせます。版権ブロックチェーン聯盟はインターネット時際の版権産業の迅速な発展を推進します。
 
「版権ブロックチェーン聯盟」発表式

CAASA-JPは今回の会議の準備作業をサポートし、会議期間中にはJETRO代表および日本企業7社の代表と交流を行いました。