サービスホットライン

03-6276-3612

日本語 | 中文

連盟情報

Alliance Information

連盟情報

ホーム > 連盟情報

IPPSAが中国知的財産保護意見交換会を開催
来源:IPPSA 发布日期:2018-01-26
2018124日、日中知的財産保護戦略連盟(IPPSA)が、北京本部にて中国知的財産保護意見交換会を主催しました。今回の会議にはデロイトトーマツ、IPHOUSEIPPSA会員Jiaquan IP LawGenuinewaysの代表計14名が参加しました。
今回の会議は、デロイトトーマツがインタビューを行う形式で、参加者がそれぞれの専門的観点から中国知的財産権の現状について紹介および意見交換を行いました。
IPPSA曹来禧理事長はIPPSAの設立背景を紹介するとともに、IPPSAが日本企業の知的財産保護に関する実際問題解決のサポートを重要な任務としていることを説明しました。李振中名誉会長は全国双打弁公室の機能、知的財産保護および政府模倣品劣悪品摘発業務の重点、および最近の模倣品流通の傾向について説明をしました。Jiaquan IP Law喩新学総経理は広東地域の法執行および裁判所の状況、特許侵害案件のアプローチの仕方等について紹介しました。Genuineways保護部譚金杏経理は日本企業製品の模倣被害の現状について紹介しました。IPHOUSE梁威氏は中国における知財関連訴訟渉外案件の件数、勝訴率、日本、韓国、欧米国家との比較分析等を行いました。