サービスホットライン

03-6276-3612

日本語 | 中文

業界情報

Industry

業界情報

ホーム > 業界情報

知的財産権侵害に対して懲罰的賠償制度を設立
来源:経済参考報 发布日期:2018-05-02
424日、国家知的財産権局申長雨局長は、国務院新聞弁公室記者会見にて、2017年、中国知的財産権について大きな発展が実現され今後は知的財産権保護を強め、知的財産権体系を建設して懲罰的賠償制度を設立し、知的財産権領域の反独占法執行ガイドラインの早期発表を推進すると表明した。

2017年、国家知的財産権運営公共サービスプラットフォーム、西安と珠海の特色試点プラットフォームが完成し運用が開始した。商標受付窓口123ヶ所、質権登録窓口58ヶ所個が新設された。北京以外に上海、重慶、広州にも三つの商標審査協力センターが新設され、出願人の商標登録が以前より大幅に便利になった。2018年は河南省と山東省に商標審査協力センターを建設する計画がある。

出願手続きの最適化の面では、2017年に商標審査周期は8ヶ月まで短縮され、2018年に6ヶ月まで短縮する計画がある。「商標登録便利化三年実現計画」により、2019年は5ヶ月まで短縮、2020年は4ヶ月まで短縮する。
  

近日、国家知的財産権局は「2018年国家知的財産権示範都市発展計画」で知的財産権金融サービスを継続に創新し、貸付、保険、財政リスク補償とセットにした新しい専利質権の融資モデルを積極的に普及させ、多ルートで知的財産権の資源の活用を行うことを打ち出した。

申長雨局長の説明によると、再構築した国家知識産権局は国家知的財産戦略を制定して特に以下の内容を推進する。知的財産権の創造、保護、運用の強化。知的財産権保護体系建設の推進。専利、商標、原産地地理標識の登録と行政裁決の担当。渉外知的財産権事項を統括し、分業によって対外知的財産権交渉を展開。

また、「専利法」の改正を契機に懲罰的賠償制度の設立を加速し、実際的に違法コストを著しく向上させる。より良い経営環境と創新環境を作り、より多くの外資企業投資を引き付け、更に対外開放を拡大する。

国家発展改革委員会、工商総局は知的財産権の濫用についての反独占ガイドラインをそれぞれ起草して201512月と20162月に発表した。20173月、国務院反独占委員会は「知的財産権の濫用についての反独占ガイド(意見募集稿)」を発表した。


国家発展改革委員会、工商総局は知的財産権の濫用についての反独占ガイドラインをそれぞれ起草して201512月と20162月に発表した。20173月、国務院反独占委員会は「知的財産権の濫用についての反独占ガイド(意見募集稿)」を発表した。

申長雨局長は国家知的財産権局が知的財産権分野の反独占法執行ガイドラインの早期発表を推進することに努力していると説明した。現在、「反不正当競争法」は既に全国人民代表大会常務委員会第三十回会議の改正を通過し、「専利法」「専利代理条例」などの改正と制定作業が実質的に進展し、「著作権法」などの改正作業も積極的に進んでいる。