サービスホットライン

03-6276-3612

日本語 | 中文

業界情報

Industry

業界情報

ホーム > 業界情報

最高人民検察院が「知的財産権を尊重、司法保護を強化」を主題とする記者会見を開催
来源:光明網 发布日期:2018-05-04
近日、最高人民検察院が「知的財産権を尊重、司法保護を強化」を主題とする記者会見を開催して検察機関の知的財産権保護に関する業務状況を報告した。

2017年、全国検察機関は知的財産権を保護することがイノベーション保護であるとの理念を堅持し、各項法律監督の職責を積極的に履行し、法律に基づいて知的財産権侵害犯罪を摘発し、知的財産権保護を全面的に強化し、新たな進展と成果を取得した。

20171月、最高人民検察院は「検察職能を十分に履行し、財産権司法保護を強化することについての意見」を発行した。124日、最高人民検察院は「職能作用を十分に発揮して企業家の合法的な権益を保護する法治環境を作り、企業家の創新創業を支持することについての通知」を発行した。1220日、最高人民検察院と公安部は「公安機関が経済犯罪事件を処理することについての若干規定」を修正し発行した。

これらの重要指導性意見或は司法解釈的性質の文書制定を通じて、知的財産権司法保護理念は検察・司法の案件処理において更に強化された。

社会的注目度が高い、知的財産権侵害の違法コストが低い問題に対して、最高人民検察院法律政策研究室任線傑副主任は、司法解釈が規定する執行猶予を適用しない場合にあたる常習的権利侵害、悪意侵害行為者に対し、検察機関は法律規定に基づいて人民法院に執行猶予を適用しない量刑意見が提出できることを表明した。

法律規定を基づき、常習的権利侵害、悪意侵害行為者の刑事責任を追究する際に、検察機関は法院に積極的に協力して違法所得の追納、犯罪ツールの没収、罰金刑の判決、損害賠償の命令、関連職業の再従事の禁止等の処罰手段を通じ、根本的に行為者から再侵害能力と条件を剥奪し、再犯の危険を取り除く。