サービスホットライン

03-6276-3612

日本語 | 中文

業界情報

Industry

業界情報

ホーム > 業界情報

中米経済貿易の新関係において知的財産権に対する監督を強化
来源:北京商報 发布日期:2018-06-04
中米貿易戦争の停止とともに新しい経済貿易関係も始まろうとしている。アメリカ現地時間520日、アメリカ財政部マヌーチン部長は米中両国はすでに枠組問題に対して協議を締結し、貿易戦争の中止を合意して経済貿易問題について交渉を続けると表明した。519日、中米両国は既に経済貿易交渉について共同声明を発表し、製造業、サービス貿易、知的財産権など多くの分野の協力の方向性を決定し、これらの分野の具体的な協力形式について交渉を続けている。

知的財産権に対する監督を強化                       

共同声明によると、交渉中の両国は知的財産保護を非常に重視し、協力強化に同意し、中国側は「専利法」など関連法律法規の改正を承諾した。中国国際経済交流センター張茉楠研究員は、「今回の共同声明で、アメリカ側が提起した知的財権保護、投資市場開放など構造的な要求は、中国改革開放政策の方針と大筋致しており、中国もこれらの構造的な問題の解決を通じて経済を品質重視の方向へ推進する必要がある」とコメントした。

商務部研究院地域合作センター張建平主任は、共同声明の中米知的財産協力に関する内容からアメリカ側は中国の知的財産保護の厳格さに対してまだ不審があることが分かり、近年以来、大量のアメリカ企業が中国で投資し、中国法の監督を服する必要があるため、アメリカ側は中国が知的財産立法と法執行の改善を加速して、関連政策の企業に対する知的財産権保護の強化を望んでいる、とコメントした。

この数年、商標と専利を国家知識産権局にて統一管理を行うことを含め、中国は知的財産権保護分野で大きな力を投入した。そして、知的財産案件の賠償額も年々強化され、多くの裁判所が立証責任規則を利用して現行の法規の上限を突破して権利侵害者に対して数百万元さらには一千万元以上の賠償金を認定している。