サービスホットライン

03-6276-3612

日本語 | 中文

業界情報

Industry

業界情報

ホーム > 業界情報

最も厳格な保護!深センが専利権侵害最低賠償額10万元、商標権侵害最低賠償額5万元、著作権侵害最低賠償額1万元の条例を起草
来源:想去深圳打官司的 luosidaodao 发布日期:2018-08-16
628日、深セン市人民代表大会常務委員会弁公庁が「深セン経済特区知識産権保護条例(草案)に関するパブリックコメント募集広告」を発表した。草案では、専利権侵害、商標権侵害、著作権侵害の最低賠償額をそれぞれ10万元、5万元、1万元と規定し、懲罰的賠償金の適用要件を規定している。同草案のパブリックコメント場集期限は2018728日まで。

「深セン経済特区知識産権保護条例(草案)」に関する起草説明
(七)侵害賠償額を引き上げて賠償額が低い、効果が小さいとの問題を解決する。「最も厳格な知的財産保護を実施」し、賠償額が低い、効果が小さいとの問題を解決するために、第一に、「条例(草案)」は民事賠償を厳格化し、被害権利者の受けた実際の損失、侵害行為により得た利益、ライセンス料の確定が難しい場合の賠償額について、「条例(草案)」は国家の関連法律規定を打ち破り、権利侵害の状況に応じて、専利権は10万元以上500万元以下、商標権は5万元以上500万元以下、著作権は1万元以上500万元以下で確定し、上述の賠償額に特別な事情がある場合には500万を超えて確定することができる。これに対し、国家「専利法」、「商標法」、「著作権法」はそれぞれ、1万元以上100万元以下、300万元以下の賠償額、50万元以下の賠償範囲を規定している。第二に、懲罰的賠償金を設立し、他人の知的財産権であることを明らかに知っていた場合、5年以内に他人の同一の知的財産権を3回以上侵害した場合、その他権利侵害の状況が深刻或いは社会に劣悪な影響を及ぼす場合に対し、損害賠償の他に、賠償金の3倍の懲罰的賠償金を支払わなければならない。

詳細については下記リンクをご参照下さい。
http://www.sz.gov.cn/cn/xxgk/zfxxgj/tzgg/201806/t20180628_12223449.htm