サービスホットライン

03-6276-3612

日本語 | 中文

業界情報

Industry

業界情報

ホーム > 業界情報

海外代理購入業界の暗黙のルール:偽贅沢品鑑定ウェブサイト
来源:北京商報 发布日期:2018-08-30
贅沢品の代理購入を通じて模倣品を販売する手口はつきない。中古品取引プラットホーム、ECプラットホーム、海外商品購入プラットホーム等から贅沢品を入手し騙される消費者が少なくない。贅沢品代理購入業者が鑑定機構に「正規品」の鑑定結果を依頼することが、代理購入業界の暗黙のルールとなっている。
                
消費者張氏はタオバオの贅沢品代理購入で模倣品(ピンクのGucci Marmontバッグ、価格8459RMB)を購入させられただけでなく、鑑定サイトで鑑定で取得した「模倣品」の鑑定結果を根拠に、販売者に返金交渉を行ったところ、販売者から何度も権威のある鑑定サイトとして偽贅沢品鑑定サイト「鑑証品」を薦められ、当該サイトで模倣品の鑑定結果が出た場合には必ず返金に応じるといわれた。このニセ贅沢品鑑定サイトは、張氏が最初に鑑定を行ったサイト「優奢易拍」を高度に模倣したサイトであることが判明した。周院長によると、贅沢品の模倣品販売はマクロ的な産業現象となっており、模倣品製造、代理購入業者の模倣品販売およびウェブサイトによる偽造鑑定等が完全な産業チェーンを形成している。この背後には、違法コストが低く、模倣品販売の利益が高いという誘惑がある。国家は贅沢品クレームシステムを改善し、模倣品を販売するプラットホームや個人に対する処罰強化が必要である。

周院長によると、贅沢品模倣品販売のクレームは今年から大幅に増加しており、消費者のクレーム対象商品の種類は比較的分散している。また、海外商品購入、越境EC等の急速な発展に伴い、これらのプラットホームの贅沢品の模倣品率が80%に達している。現在、贅沢品の模倣品は氾濫状態にあり、ブランドの専用売場にまで流通しており、ブランドの店員も模倣品と正規品の区別が難しい。贅沢品の模倣品販売はすでに個別消費者のクレーム案件ではなく、すでに集中した産業現象となっている。国家の模倣品販売プラットホームおよび個人に対する処罰の程度が十分でなく、違法コストが非常に低く、利益が十分に計算できるため、模倣品販売が横行している。国家関係部門が贅沢品模倣品販売のクレームを集中的に処理するクレーム窓口を設置し、権威のある鑑定機構を設置し、かつブランドと良好な関係を築き、ブランドに鑑定のみならずクレーム案件の処理にも参加させることが望まれる。