サービスホットライン

03-6276-3612

日本語 | 中文

業界情報

Industry

業界情報

ホーム > 業界情報

私たちの利益と密接に関わる「電子商務法」の重要規定
来源:中国消費者報 发布日期:2018-09-07
販売者の侵害行為について、プラットホームが連帯責任を負う
「電子商務法」は、「ECプラットホーム経営者が、プラットホーム内経営者の販売する商品または提供するサービスが人身、財産の安全の保証の要求に適合しないこと、または、その他の消費者の適法な権益を侵害する行為があることを知りまたは知りえたにもかかわらず必要な措置を採らなかった場合、法に基づき、当該プラットホーム内経営者と連帯責任を負う。」と規定する。

安全保障義務を尽くさなかった場合、プラットホームは相応の責任を負う
「電子商務法」は、「消費者の生命、健康に関わる商品又はサービスに対し、ECプラットホーム経営者がプラットホーム内経営者に対する資格審査義務又は消費者に対する安全保障義務を尽さず、消費者に損害が発生した場合、ECプラットホームは、法に基づき相応の責任を負う。」と規定する。

権利侵害、模倣品販売について安全を保障しない場合、最高200万元の過料
「電子商務法」は、「ECプラットホーム経営者が本法の規定に違反して、プラットホーム内経営者の消費者に対する合法権益侵害行為に対し必要な措置を採らない場合またはプラットホーム内経営者に対する資格審査義務又は消費者に対する安全保障義務を尽さない場合、市場監督管理部門が期限付き是正命令を行い、5万以上50万元以下の過料に処すことができ、情状が深刻な場合、営業停止による是正を命じ、50万以上200万元以下の過料に処す。」と規定する。

不公正取引を拒絶、抱き合わせ販売を黙認事項と出来ない
「電子商務法」は「EC経営者が商品またはサービスの抱き合わせ販売を行う場合、目を引く方法により消費者の注意を喚起しなければならず、抱き合わせ商品またはサービスを黙認事項としてはならない。」と規定する。

宅急便配達員は同意なしに宅配物を路上等に積みおきしてはならない
「電子商務法」は、「宅配便サービス提供者が商品を引渡す場合、受領者に対しじかに検査を行うよう注意喚起しなければならない。他人が代わりに受領する場合、受取人の同意を得なければならない。」と規定する。