サービスホットライン

03-6276-3612

日本語 | 中文

業界情報

Industry

業界情報

ホーム > 業界情報

最高人民法院が『最高人民法院のインターネット法院審理案件の若干問題に関する規定』を発表
来源:鳳凰網 发布日期:2018-09-14
97日、最高人民法院が『最高人民法院のインターネット法院審理案件の若干問題に関する規定』を発表した。同規定は93日に決定され、97日から施行される。同規定によると、ECプラットホームを通じて締結または履行したインターネットショッピング契約により発生した紛争、締結、履行行為がすべてインターネット上で完了する消費貸借契約紛争、小額消費貸借契約紛争等11項目はすべてインターネット法院の管轄内となる。

インターネット法院は単なる「インターネット+審判」ではなく、インターネット新興技術を総合的に運用し、審判手続きと訴訟規則について革新的な再構築を行うものである。審理方式は全過程のオンライン審理、電子データのオンラインアクセス、電子送達の広範な適用、電子訴訟ファイルの自動編集等がなされる。
また、規定によれば、当事者が提出した電子データは、電子署名、信頼できるタイムスタンプ、ハッシュツール、ブロックチェーン等証拠収集、固定と改竄防止技術または電子証拠保管プラットホームの認証を通じ、その真実性が証明できるものについては、インタネット法院で証拠として認めれる。

2017818日、世界初のインターネット法院が杭州で設立され、同法院はインターネット案件12103件を受理し、結審件数は10646件、オンライン審判平均所要時間は28分、平均審理日数は41日となっている。これは伝統的な審理モデルに比べそれぞれ五分の三、二分の一の割合で時間節約となっており、一審の非控訴率は98.59%である。