サービスホットライン

03-6276-3612

日本語 | 中文

業界情報

Industry

業界情報

ホーム > 業界情報

ペイドリスティングが不正競争行為を構成 法院が不法所得を没収
来源:IPhouse 发布日期:2018-11-24
法院はペイドリスティングネットサービス提供者の注意義務をどのように判断したのか

【典型案例としての意義】

ネット検索エンジ
ンのペイドリスティングが引き起こす不正競争紛争が多発しており、ペイドリスティングサービス提供側の責任の認定は議論の分かれるホットな問題となっている。ある判決は「通知-削除」ルールを提供してサービス提供事業者の注意義務を認定し、ある法院はサービス提供側の注意義務について比較的高い要求を行っている。


本案は広州知財法院審判委員会での検討を経て、法院は、ネットサービス提供者の注意義務に過酷過ぎる要求をした場合、ネットサービスビジネスモデルの正常な発展に深刻な影響を及ぼし、最終的に一般公衆のネットの使用および体験に影響することについて十分に考慮し、ネットサービス事業者に「比較的高い注意義務」を要求すべきでなく、「合理的な注意義務」を要求し、これによって当事者の権益、ネットの健全な秩序、業界の発展等社会各方面の利益のバランスを図るべきだと考えた。同時に、ネットサービス提供者のサービス改善を促し、権利侵害案件の発生を出来るだけ減少させるため、広州知財法院はこの類型の案件で「不法所得の没収」という民事制裁を措置を採り、懲戒とした。

補足説明:
本事案は、原告が百度(検索エンジン)にて自社の企業名を検索したところ、2番目に配列された検索結果として自社の公式サイトを偽装した同業他社の情報が表示され、クリックすると同業他社のホームページに飛んでしまう不正競争行為がなされた。この同業他社(被告)は百度とのペイドリスティング契約に基づき、検索キーワードに原告の企業名称を設定しており、百度側も共同不法行為の成否との関係でその注意義務違反濃霧が争点となった。

判決情報:
二審案件番号:(2017)粤73民終199号
判決日:2018年5月8日
判決の詳細については下記リンクをご参照下さい。
https://mp.weixin.qq.com/s/UGrGXP6pH_pT4_PVnxpGrg