サービスホットライン

03-6276-3612

日本語 | 中文

業界情報

Industry

業界情報

ホーム > 業界情報

杭州インターネット法院が初の悪意クレーム案件を判決
来源:杭州インターネット法院 发布日期:2019-01-28
2019124日、杭州インターネット法院は悪意で誤りの通知を発送しプラットフォーム内経営者(ネット店舗)に損害を与えた初の損害賠償請求事件についてオンラインにて判決を下した。

法院の判決要旨は以下の通り。被告江某は同業競争者として他人の合法な権益を尊重し、誠実に経営を行うべきところ、明らかに自己にクレーム申請資格がなく、被クレーム商品に権利侵害があることを証明できない状況下において、権利証を捏造し原告に悪意のクレームを行った。同行為は誠実信用原則および商業道徳の準則に違反し、原告の正当な商業利益に損害を与えたため、このような悪意のクレーム行為は直ちに制止し、法に基づき厳格に罰しなければならない。損害賠償の金額については、原告が主張する被告が賠償すべき賠償経済損失800万元および合理的費用3万元は、タオバオ店舗の売り上げ減少を計算の根拠としており、本件クレーム行為がその営業額減少の唯一の原因であるかについては立証していない。悪意クレーム後の10ヶ月間の営業額の減少が3000万元余りに達している事実と侵害行為の形態、時間、範囲、経営規模、主観的過失の程度、参考売上量、販売価格、アパレル業界の利益率および権利保護のための合理的支出を総合的に考慮し、被告が賠償すべき原告の経済損失は210万元とする。