サービスホットライン

03-6276-3612

日本語 | 中文

業界情報

Industry

業界情報

ホーム > 業界情報

一部判決!上海知識産権法院は証拠調べ完了部分について侵害行為差止め判決
来源:上海知識産権法院 发布日期:2019-02-15
知的財産権侵害紛争案件は権利侵害と賠償の事実認定が難しく審理に比較的長い時間を費やすことが多い。しかし、裁判が長引くと権利者の損害が拡大するだけでなく、案件審理の効率と司法の公信力の向上にもマイナスである。近日、上海知識産権法院は審判方式のイノベーションに取り組み、一部判決制度を導入し、すでに証拠調べを行った侵害事実の部分について一部判決を行い、迅速に侵害行為を制止し、権利者の適法な権益を保障しただけでなく、司法資源の節約と審判効率の向上にも効果があった。

122日、上海知識産権法院は原告瓦莱奥清洗システム公司と被告アモイ盧卡斯自動車部品有限公司、被告アモイ富可自動車部品有限公司、被告陳某の特許侵害紛争案件について一審先行判決を行い、侵害製品が原告の特許クレームを含むことを認定し、被告アモイ盧卡斯自動車部品有限公司および被告アモイ富可自動車部品有限公司に対し「自動車ワイパーの連結器および関連連結装置」特許侵害の即時停止を命じ、賠償等の問題については判決を行わなかった。これは上海知識産権法院が知的財産分野で初めて行った一部判決である。